序列18番:バティン

序列18番:バティン

30の軍団を率いる公爵。ルシファーの側近をつとめる炎耐性持ち

 

バシンとかマルティムの名で呼ばれることもあります

青ざめた馬に乗り、蛇の尾を持つ屈強な男の姿で現れるとされるバティンですが、

蛇の尾を持つという点に関してはピンポイントでの表現は難しいですね。

馬に乗ったモンスターもなかなかいませんし、

ここはもう「屈強そう」という点のみでバティンを表現するしかないです。

さらにバティンは「ルシファーの側近という肩書きをも持っているため、

それなりに強そうなモンスターを選ぶ必要があります。

かといって、屈強そうであっても単なるパワー型のような雰囲気にしてしまうと

ルシファーの側近としては知性不足の感が否めないでしょう。

これはかなり迷いましたが、4のてっきゅうまじんということでいいんじゃないでしょうか。

強そうだし、ふさふさのヒゲもちょっと知的といえば知的ですよね。

 

瞬間移動

 

バティンは人を瞬時に遠く離れた場所へ移動させる能力を持っています。

これはつまりバシルーラが得意ということですね。

また薬草の効能や宝石に関する優れた知識を持ち、それらを教授することも可能といわれます。

回復系もお手の物です。

やはり側近たる者、こういった補佐能力は必要でしょう。

 


 

側近

 

バティンは72柱の中でもキャラ設定がなかなか豊富です。

まず第一に上でも述べたルシファーの側近だとされている点。

これはでかいでしょう。

バティン自体は決して知名度が高いとはいえない魔神ですが、

この設定でまず大物悪魔感が出てますよね。(その割にほんとマイナー)

ルシファーの側近というなら他にも適した魔神がいろいろいそうなんですが、

なぜこのバティンなのか。

これは謎です。

そして側近でありながら忠誠度ではパイモンのほうが優るのかどうなのか、この辺りも謎。

またバティンはその住居が地獄の中でも最も激しく炎が燃え盛る地帯にあるといわれ、

炎に対しては優れた耐性を持ちます。

メラ、ギラ系等は一切無効です。

これもなぜわざわざ設定に加えたのか謎なんですけど。

そしてさらに、愛想のよさと敏捷さにおいては他の魔神の追随を許さないといわれるほど。

素早いのはまだしも、最も感じのよい悪魔ってどんななんでしょうか。

側近というポジションにありながらも、

下級悪魔たちに対しても偉そうな態度をとらないんですかね。

これは好感度上がりますよね。

しかしなぜバティンにはこれほど豊富なキャラ付けを行ったのか?

なんか優遇されてますよね。

本来よほど有力な神だったのかなんなのか、

調べてみてもその辺りに関する記述は出てきません。

マイナーながら色々と気になる魔神ですね。